少しのお金でも取引できる会社が増えた

FXは現在少しのお金でも取引することができる、会社が増えたことでとてもトレードをしやすい環境になりました。 以前まではレバレッジの規制が無かった頃は、少ない資金で大きなトレードを行うことができましたが、それはあくまでもハイリスクハイリターンなトレードであり初心者の人が気楽に手を出すことができるようなものではありませんでした。 そのため、少し前のFXは小さなロットでも1万通貨からというものが多かったため、1円動けば1万円が動くわけですから少しのお金ではどうしてもトレードしづらい環境にありました。 FXはどれだけ勝率が高くても、結局短期的に見れば勝つか負けるかということは50パーセントなのですから、お金が少ない状況で負けが込めばあっという間に資金が尽きてしまい、相場から退場をせざる終えないということになってしまうものでした。 そのため、以前までであれば最低でも資金としては100万円ぐらい欲しいものがありましたが、100万円があれば資金としては余裕であってもその金額が資産運用に用いるお金として余裕のあるものでなければ、やはりFXというのは勝てるものではありません。 しかし、これが最近になってかなり少額でトレードをすることができる会社が増えてきたことで、これからFXを始めるという人であっても非常にトレードをしやすい環境が整ったのです。 現在はどこのFXを利用したとしても1千通貨から始めることができるものが増えてきたため、これならば1万通貨の十分の一の値動きになるため1円動いても1000円しか変わりません。 1000円ぐらいであれば普通の人であっても、損失を出した時に大きなものでもありませんから余裕を持ってトレードをすることができるようになったのです。 また、最小ロット数が小さいということはポジション調整も行いやすくなるため資金力の大きな人であっても、その恩恵は大きなもので局面に応じて適切な量のポジションを持つことができるため、リスク管理がしやすくなったのです。

FX勉強つぶやき

ページの上部へ